憂国のモリアーティ


    憂国のモリアーティ:キャンペーン先

無料リンク先一覧


Webサイト名作品名、作品巻数



  

  • あらすじ
  • この作品の見所、魅力
あらすじ
19世紀末、大英帝国最盛期のロンドン。モリアーティ伯爵家長子・アルバートにより、孤児院から引き取られた二人の兄弟がいました。兄は大人も舌を巻くほどの博識で街の人々から支持されており、病弱な弟も手術ができたことにより少しずつ回復に向かっていました。しかしアルバート以外の屋敷の使用人は、元々最下層の人間であった兄弟のことを人間として見ようとしません。暴言や虐待に虐げられる中、弟であるルイスはなぜアルバートは自分たちをこの屋敷へ招いたのかと疑問を口にします。アルバートは物心ついたときから自分の周りに根付いていた貴族社会に嫌気がさしていました。しかしまだ子供である自分では何もできないと、ただただ耐え忍んでいたのです。そんな時に孤児院で兄弟と出会い、彼は自分の理想を掴む知恵と勇気を手に入れます。アルバートの持つ権力と兄弟の知恵と勇気、貴族社会を変えていくための要素が全てが揃った三人は、モリアーティ家に火を放ち家族と使用人を一気に始末することに成功します。兄はその日から焼け死んだアルバートの実弟「ウィリアム」となります。そこから彼ら三人の、世界を浄化するための壮大な計画がスタートすることになるのです。

見所1.主役はホームズではなくモリアーティ
「憂国のモリアーティ」はかの有名なコナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とした漫画作品です。ホームズの名も、そのライバルであるウィリアム・ジェームズ・モリアーティ教授の名も聞いたことがある人も多いかと思いますが、彼が主人公となっている話は珍しいのではないでしょうか。またほとんどの作品では老人として描かれているモリアーティ教授ですが、本作は全ての登場人物が若いイケメンとして描かれています。キャラクターの関係性といい、女性に受けそうな感じですね。モリアーティがメインの話ですが、ただただ彼の犯罪録が描かれるような話ではありません。イギリスの貴族社会に疑問を抱いた3人のモリアーティたちが、悪の貴族たちをを独自に裁いていくという、いわゆる義賊ものに近いでしょうか。独自の設定や脚色、展開ももりだくさんで、シャーロック・ホームズシリーズを深く知らないという人でも楽しめるかと思います。


見所2.一話完結形式で読みやすい
19世紀末大英帝国最盛期のロンドンという舞台、そして貴族社会を相手に戦う作品というところから、一見するととっつきにくいようなイメージを受ける本作。しかし基本的には一話完結形式のストーリーとなっており、内容もモリアーティ陣営の人物が悪に罰を与えるために暗躍するといった、比較的単純なものとなっています。堅苦しい内容や時代背景などが絡んでくることもありますが、さりげなく解説も入りますし、最終的にはモリアーティたちが悪を裁いて終わり、という感じなので、難しい部分は読まなくても大筋はわかると思います。


見所3.ダークヒーローたちの行く末は
本作でモリアーティたちが抱える理想には、読者の多くが恐らく共感を覚えるでしょう。生まれながらに身分が決まっている貴族社会は嫌だ、理不尽虐げられたくない、悪は倒さなければ……彼らの言っていることは、現代人からするとなにもおかしいことではありません。しかし彼らがそれを正すための方法は、どうしても法の裏で独自に悪を裁くといったものになります。要するにはたから見れば、彼らの方が悪いことをしているという形になるんですよね。理想を叶えるために悪になった彼らは、まぎれもなくダークヒーローです。そんな彼らがどのような行く末を迎えるのか、とてもドキドキしながら読むことができます。モリアーティと言えばもちろん、宿敵ホームズも出てくるわけで。絶対的な正義であるホームズとモリアーティの関係や、やり取りにも注目です。


関連マンガ<無料キャンペーン中>