メイドインアビス


    メイドインアビス:キャンペーン先

無料リンク先一覧


Webサイト名作品名、作品巻数
まんが王国 メイドインアビス



  

  • あらすじ
  • この作品の見所、魅力
あらすじ
世界最後の秘境と言われている大きな縦穴「アビス」その大穴の縁に築かれた街の一つに、孤児のリコは暮らしていました。アビスに存在する奇妙な生物や貴重な遺物を探し求める者たちは探窟家と呼ばれており、リコの母は伝説級の探窟家の一人でした。自分もいつか母のように偉大な探窟家になりたい、アビスの底を目指したい…リコはずっとそう考えていました。そんな彼女は母の笛と伝言をきっかけに、ついにアビスの底を目指すことを決意します。そこでリコが出会ったのは、なんとロボットの少年でした。彼の名前はレグ。記憶喪失のロボットと出生に秘密を抱えるリコ。二人のアビスの底を目指す冒険が幕を開けます。しかし待ち受けていたのは、想像を絶する試練と現実でした。

見所1.絵柄と内容の激しすぎるギャップ
等身が低めのかわいらしいキャラクターと、絵本を彷彿とさせるファンタジーチックな絵柄が特徴の「メイドインアビス」ですが、内容はかなりダークでシビアなものとなっています。漫画のジャンルからはダークファンタジーに分類される作品ですね。絵柄に釣られて買った人は、重苦しい設定や展開に驚かされることになるでしょう。あとグロ描写が多いことが話題にあげられがちですが、エロ描写も割とあります。作者の趣味かな……?と思うようなマニアックな表現もあるので、こちらも苦手な人はご注意を。また本作に登場するキャラクターの多くが子どもです。つまり残酷な目に遭ったり、辛い選択を迫られるのも子どもということになります。最近はかわいい絵柄なのに実は内容が…的な作品も増えてきていますが、本作は子供がメインで話が進んでいくので、苦手な人は苦手かもしれませんね。もちろん、そこが大きな魅力でもあるんですが。


見所2.かわいらしいキャラクター
本作の大きな魅力の1つが、とにかくかわいらしいキャラクターではないでしょうか。主軸となるキャラクターが子供なので、まんまるな輪郭と低めの等身で非常にかわいらしいです。また後々出てくるキャラクターには半獣的な子もいたりと、色々な人のツボに刺さるようなキャラクターが盛りだくさんとなっています。キャラクターデザインに惹かれて本作を読み始めたという人も、多いのではないでしょうか。そんなかわいらしいキャラクターたちに悲惨な過去があったり、今後悲惨な目に遭ったりするわけなんですけども……この辺りは刺さる人には刺さるでしょうし、ダメな人はダメでしょうね。一部完全に作者の趣味だろうな、と思われるキャラ描写もあるので、展開が作者の趣味に引っ張られ過ぎないかだけがちょっと心配ではあります。


見所3.謎と伏線が多い世界観
「メイドインアビス」という作品は、とにかく謎と伏線に満ち溢れています。リコの出生の謎(一部解き明かされましたがなぜそうなったかという点についてはまだわかっていません)やレグの存在、記憶を失っている理由などなど……。メインの登場キャラクターの二人にも、まだ解き明かされていない謎が多くあります。二人が敢えて秘密を隠しているわけではなく、二人自身も自分たちについてのことを知らないという点が面白いですよね。一緒に色々な謎を探っていくような感覚になり、ワクワクドキドキさせられます。また伏線の回収の仕方も素晴らしいです。ちょっと気になるな?みたいな描写のあった部分が、後々実は大きな伏線だったという展開があるので、何回も最初から読み返したくなります。そしてまだまだ回収されていない伏線や、解き明かされていない謎が多くあるので、そちらがどうなっていくのかも楽しみですね。


関連マンガ<無料キャンペーン中>